1. TOP
  2. 株式会社IDA様社員研修会にて社内環境改善発表会 2017.04.15 @倉敷シーサイドホテル

株式会社IDA様社員研修会にて社内環境改善発表会 2017.04.15 @倉敷シーサイドホテル

株式会社IDA様のコンサル

 

2016年8月に株式会社IDA様のコンサルをスタートしました。

この会社は岡山に本社をかまえ、大阪、東京にも支社を展開しています。

食品から日用品までのパッケージのデザインやCI制作を主な事業として成長している会社です。

私の整理収納アドバイザー2級認定講座を受講されたK様からご依頼をいただきお伺いすることになりました。

岡山本社の会議室で最初に私の講義をさせて頂きました。

同時にスカイプで東京、大阪の皆様にも参加してもらいました。

 

整理とはなにか?

ビジネスに於ける整理の意味や意義をお伝えしました。

ここからIDA様の社員総員での社内改善活動がキックオフされたのです。

 

岡山本社、東京支社、大阪支社視察

途中、3拠点の抜き打ち視察に行きました。

正直、仕事をする環境ではありませんでした。

デザインという仕事は創造性や独創性が重要です。

私から見てこの環境の中ではそれはできていないと感じました。

 

ゴミがそのまま放置されている状態

 

 

ゴミやゴミ化したものがそのままあっちこっちに放置されている状態でした。

まずはゴミは速攻処分するように指示しました。

 

デスクの上、横は紙や本が山積み状態

 

 

 

 

デスクの下、足元が書庫に

 

 

 

デザイン会社と言うことでどうしても紙類が多いです。

しかし、それが当たり前となっているのも良くないわけです。

〝いつか使うかも・・・〝
〝もしかしたら・・・〝
〝仕事の成果を捨てたくない〝

いろいろな思いがあって溜まっていったと言われました。

 

ビジネスにおいて大事なことは次のことを考えることです。

過去の中で仕事をしてはいけないのです。

過去に縛られて仕事をしている限り、新しい発想やアイデアは生まれにくいのです。

 

この視察を元にもう一度課題を出し、皆様にも目標や目的を設定してもらいました。

 

社内環境改善活動の発表会

2017年4月15日(土) 倉敷シーサイドホテルにて社員研修の中で発表会が催されました。

私も審査員として参加させていただきました。

チームごとに発表があり、その後社長とベスト1位を決めました。

副賞は「お掃除ロボット」

 

2016年度社内改善活動第1位は大阪支社

 

結果は、大阪支社になりました。

どのチーム(拠点)も素晴らしい改善になっていましたし発表でした。

甲乙つけるのは本当はできない程でした。

なぜ私が大阪を選んだのかといいますと、私は結果よりも経過を重視したんです。

大阪支社の皆さんは一度整理整頓をしてキレイにした後も

〝いや、こうじゃない〝
〝なにか違う!〝
〝まだ何かできるはずだ!〝

そうやって何度も見直し改善していったとのです。

 

兎角、家でも一度キレイになるとそれで終わってしまうんです。

〝よし、キレイになった〝
〝やっと終わった~〝

だけど、整理に終わりはないんです。

終ってはいけないんです。

「見直す」ことの重要さが整理には不可欠なのです。

それを大阪支社は皆さんで力を合わせてやり続けました。

私はそこを高く評価させていただきました。

 

個人賞の発表

私からの提案で頑張った人への個人賞を贈らせていただきました。

僭越ながら、賞品は私のサイン付の著書にいたしました ^^

 

各拠点のチームリーダーが選んだ6名の方、プラス私が個人的に3名を特別賞に選ばせていただきました。

特に3名の方はあの汚机をよくぞここまでキレイにしたな~って感動したんです。

それで急きょ、3名の方にも贈らせていただきました。

 

 

トップの意識と理解があったからこその成果です!

最初にこの会社にお伺いした時に直感的にこの会社は必ずキレイになる!もっと成長できると感じました。

その理由は社長の意識と理解が素晴らしかったからです。

〝おい、おまえら頑張れよ!〝 ではなく、

社員のみんながどうすれば前向きになるか?

会社としてどうしてやればいいのか?

各リーダーに権限を持たせてあげてほしいという私からの提案にもすぐに理解していただき実行されました。

 

このようなトップの会社だからこそ毎年成長をしているのです。

社員が一丸となっているのです。

 

皆様に送ったメッセージ

ビジネスとは商品やサービスを通して人の心を動かすことです。

そこにお金が生まれます。

整理とはモノを動かすことです。

自分のモノが動かせない、コントロールできない人は

人の心を動かすことはできません。

そして、モノとは目に見える物体だけではありません。

心や頭の中にあるモノ、時間、仕事・・・・・・全てがモノです。

整理の対象はこれら全てのモノと向き合うことです。

だけど本当は違います。

モノと向き合うことで自分自身と向き合うことなんです。

今日で社内環境改善が終わったわけではありません。

今日からまた新たなスタートです。

更なる素晴らしい会社へと成長し続けてください。

 

 

 

連絡先|整理ist 佐藤亮介は全国どこへでも出向きます。

 

【整理片づけ・掃除・洗濯の講師依頼をお待ちしています。】
詳しくは  ↓ ↓ ↓ をクリックしてくださいね。

【私が講師を務める「整理収納アドバイザー2級認定講座」を受講してみませんか?】
詳しくは  ↓ ↓ ↓ をクリックしてくださいね。

【お願い】私に励ましの
いいね ! をお願いします。

Twitter で

\ SNSでシェアしよう! /

スッキリ・キレイ整活|整理・片付け・ファイリング・掃除・洗濯の楽ワザ・エコ技の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スッキリ・キレイ整活|整理・片付け・ファイリング・掃除・洗濯の楽ワザ・エコ技の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

整理ist 佐藤亮介紹介 整理ist 佐藤亮介一覧

整理ist 佐藤亮介

整理ist 佐藤亮介

モノ屋敷だった私は「整理」に出会い、生き方さえも変わりました。整理istとして「捨てる」を第一歩としない「整活」を、整理・掃除・洗濯の3S講師として全国を講演やコンサルタントとして活動しています。連絡先:info@lohaskatas.com

整理ist 佐藤亮介の記事一覧  記事一覧

  • 思い出が捨てられない人へ「捨てなくてもいい」整理法をアドバイス|私の5つの奇跡

  • 【写真解説】ケチャップでステンレスのサビが簡単に落とせる裏ワザ!

  • 服やタオルのたたみ方、掛け方のソレダメ|国民の3割しか知らない裏ワザ!

  • テフロン(フッ素樹脂)のフライパンが1年以内にダメになって焦げてしまう原因と対策方法

この記事を読んだ人がよく読んでいる記事は・・・

  • 家がキレイになっていく人とならない人の差は?

  • 整理、片づけはモノの置き場所や持っている物を「忘れて」「忘れない」ためにすることです。

  • 傘を長持ちさせるたたみ方と置き忘れについて

  • 自分の話や気持ちを一番分かってくれる異性は誰ですか?モノとは異性のような存在

  • ビルゲイツが一日の最後に習慣化している家事とは?

  • 汚部屋、モノだらけをスッキリ・キレイにできる片づけや掃除のコツをプロがアドバイスします!