1. TOP
  2. 新洗濯表示マークは3つだけのチェックで失敗しない!

新洗濯表示マークは3つだけのチェックで失敗しない!

品質表示タグ(洗濯マーク)が2016年12月に大きく変わりました!

あなたは衣類に付いている「品質表示タグ」の表示内容が2016年12月に大幅変更になったことをご存知ですか?

知らない方も多いのでここでは詳しく解説していきます。

“知らなくていいかも”では、いつまでも洗濯で失敗します!

洗濯が苦手、色移りや服を縮ませる失敗、汚れが思ったより落ちない、そういうお悩みの方の多くは「洗濯」を軽く考えていらっしゃると思います。

 

そして、衣類の「品質表示タグ」、「洗濯マーク」を確認していないことが一番の原因になっているのも事実です。

「品質表示タグ」、「洗濯マーク」って、そもそもな~に?

 

裾や首付近、ポケットの中など衣類のどこかに必ずあるはずです。

おそらく知らないって方はいないと思います。

 

繊維の商品にも『家庭用品品質表示法』、『製造物責任法(PL法)』、『不当景品類および不当表示防止法』によって、消費者が分かりやすいように製造者は明記が義務付けらています。

「品質表示タグ」に明記する項目

①品番

その製品を特定するための専用番号です。メーカーなどへのお問い合わせ時に伝えてください。
※メーカーによっては表示がないものもあります。

 

②繊維名と混用率
繊維名は家庭用品品質表示法に定められ、指定用語と指定外繊維が あります。
※テンセルやヘンプは指定外繊維です。

 

③洗濯マーク(取り扱い絵表示)

洗濯方法が記載されています。

 

④原産国表示
商品の内容について実質的な変更をもたらす行為が行なわれた国で、
例えば衣服の場合は縫製や編み立てが行なわれた国を示します。

 

⑤連絡先(製造者、販売者、輸入元など)
製造元や輸入元の連絡先です。

 

これ以外にも、サイズなどを表示していることもあります。

 

洗濯マーク(洗濯絵表示)を変更した理由

2016年12月までは日本国内ではJISに基づいた表示で構わいませんでしたが、近年アパレル業界は世界中が販売エリアになっています。

 

日本のユニクロも世界中に店舗を持っていますし、ZARAなどの海外メーカーのお店が日本にドンドン進出してきています。

 

海外メーカーの衣類はISO基準に基づいた表示になっていて、日本メーカーの衣類は日本独自のJIS規格で表示してきました。

 

または、海外へ輸出する時にはタグを付け替えるという二重の作業を日本も海外のメーカーもしていました。

 

そこで、“ジャパンさん、もうそろそろ統一してもらえませんかね?”ということになり、そうなると当然世界規格のISO規格に合わせるのが妥当となったわけです。

 

 

旧洗濯マーク(洗濯絵表示):JIS規格

 

日本語の文字も入っているので分かりやすいですね。

 

だけど、ISO規格の表示になると・・・・・・

 

 

新洗濯マーク(洗濯絵表示):ISO規格

分かりやすいように、JIS表示とISO表示を比較できるようにしています。

 

 

いかがですか?

・さっぱり分からない
・今まで見ていなかったけど、これじゃ余計に見なくなるかも

 

そういう声がたくさん聴こえてきました。

 

だけど、既に2016年12月以降の製造分からは新表示に変更されていますのでどうにもなりません。

 

馴れていくしかないのです。

 

だから、私は皆様に普段から「品質表示タグ」や「洗濯マーク」を見る癖をつけておきましょう!とお願いしているのです。

 

普段見ていないと、いざって云う時に表示を見ても、“なんじゃ、これ?”ってさっぱり分からないことになってしまいますからね。

 

3つの「洗濯絵表示(洗濯マーク)」を覚えてチェックするだけでOK!

 

 

普段からちゃんと見るようにしてくださいねと言っても、覚えるの苦手だし、面倒くさいしって思いますね。

 

そこで、私はそんなあなたを救済します!

 

普段、チャックするのは3つのマークだけでいいです。

洗濯絵表示(洗濯マーク)3つだけチェック!
●「桶」の表示は全て洗濯できると判断しましょう。
●「桶」に手が入っている衣類は「手洗い」で。
●〇の付いた衣類はクリーニングに出せます。

*桶の中の数字は、この衣類はこの温度までの水温で洗ってもOKという意味です。
*全ての表示に×が付いたものは、「・・・できない」という意味です。

 

 

買ってはいけない服は洗濯マークですぐに分かります!

もう一度、先ほどの洗濯絵表示(洗濯マーク)を見ましょう。

 

 

「手洗い」に×が付いているということは、基本的に自分では洗えないということです。

 

そして、「ドライクリーニング」に×が付いていると云うことは、クリーニングに出せないということです。

 

もう気がつきましたか?

「手洗い」と「ドライクリーニング」の両方に×が付いている衣類、もしくは×の付いた「ドライクリーニング」表示があったら、自分でもクリーニングでも洗えないということですから、買ってはいけない!のです。

 

汚れたまま着続けるか、汚れたら捨てるか、どちらかしか方法はありません。

 

そんなモッタイナイ買い物をしないでくださいね。

 

 

さぁ、これで基本的な準備はできました。

 

あとは、買う時・洗濯する時・アイロンする時に忘れずにチェックする癖を身につけていくだけです。

 

面倒だったら、お店の人に“これ自宅で洗えますか?”って訊くといいですよ。

 

“え~と、ちょっとわかりません↷”の返事の店員さんからは買わない方がいいかもです ^^

 

洗濯上手の洗濯美人になっていただくために、他にも記事をアップしています。

 

「品質表示」や「洗濯絵表示」は、いろいろな≪洗濯技≫を身につけていくために必要な第一歩のお話でした。

 

 

整理ist 佐藤亮介のセミナー・講演会のお知らせ

 

どうすれば、もっと家事がラクになるのか?を真剣に考えていきませんか?

私にあなたのお手伝いをさせてください。

 

  • 洗濯、しみ抜き、アイロンのお悩み全て解決セミナー開催のお知らせ

 

  • 家じゅうの掃除のお悩みが解決できる楽ワザ・エコ技セミナー開催のお知らせ

 

  • 書類や写真のファイリング&クラウド活用のデジタルファイリングセミナー開催のお知らせ

 

整理ist 佐藤亮介のサポート

 

  • 「スッキリ・キレイ整活」無料メールセミナーに参加してみませんか?

 

  • 私が講師を務める「整理収納アドバイザー2級認定講座」のご案内
詳しくは  ↓ ↓ ↓ をクリックしてくださいね。

 

  • 整理片づけ・掃除・洗濯の講師依頼をお待ちしています。

連絡先|整理ist 佐藤亮介は全国どこへでも出向きます。
詳しくは  ↓ ↓ ↓ をクリックしてくださいね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スッキリキレイ整活|整理・片付け・ファイリング・掃除・洗濯の楽ワザ・エコ技の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スッキリキレイ整活|整理・片付け・ファイリング・掃除・洗濯の楽ワザ・エコ技の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
整理ist 佐藤亮介の「スッキリ・キレイ整活になれる方法」を無料で購読できます。
毎日、ステップbyステップで、あなたの暮らしがスッキリ・キレイになれる方法をお届けします!

あなたは、それをただ読むだけです。

あなたの暮らしを変えるお手伝いを私にさせてください。


購読のお申込みはコチラから!

ライター紹介 ライター一覧

整理ist 佐藤亮介

整理ist 佐藤亮介

モノ屋敷だった私は「整理」に出会い、生き方さえも変わりました。整理istとして「捨てる」を第一歩としない「整活」を、整理・掃除・洗濯の3S講師として全国を講演やコンサルタントとして活動しています。連絡先:info@lohaskatas.com

整理ist 佐藤亮介の記事一覧  記事一覧

  • 捨てられない、片付かないでお悩みの方に整理ist 佐藤亮介がメールセミナーを開催中!

  • 無敵のダニ駆除、殺虫、退治の対策向けに家庭向け衛生管理のプロがおすすめする商品

  • 断捨離やこんまり「ときめき術」でも整理が上手くできなかった人へ|ぬくもり基準で解決!

  • まとめ買い 買いだめ 溜め買いの違い|捨てても家がスッキリキレイにならない理由とは?

この記事を読んだ人がよく読んでいる記事は・・・

  • 洗濯講座in岡山|洗濯、しみ抜き、アイロンのお悩みが1日で全て解決できるセミナー

  • 重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸の使い分けで掃除、洗濯がラクになるエコ技|違いを解説

  • 台所洗剤で何のシミかわからないシミを5分で簡単に落とせる方法|動画で解説付き

  • ワイシャツ、ブラウスなどの襟袖の黄ばみ、黒ずみをお湯で簡単に落とす方法

  • これ洗える?アプリを使えば洗濯で失敗しなくなります!